仕事を早く上がる理由(いいわけ) 9選

今回も、テーマは「働き方」です。

まず何よりパートナーシップにおいては、早く仕事を終えて家に帰り、家族と過ごすのが一番です。

パートナー大作戦でも、定時に仕事をあがろう!というミッションがあります。

ところが前回の記事で、日本が突出して労働時間が長いことに触れたように、定時にあがるのが難しい職場が多いのが現実です。

周りの人たちが当たり前のように残っていると、自分だけあがりにくいですよね。

そうは言っても、(職場の人には言いにくい理由で)今日は帰りたい!という時だって、きっとあると思います。

例えば、友達と会うとか、映画を見たいとか、ライブに行きたい、とか。

それだって立派な理由ですが、職場のオーラ的に言えない状況は、よくあることです。

そこで今回は、使える「早くあがってしまう理由」を9個集めてみました!

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

man at office

1.歯が痛いので、歯医者に行く

「昨日から歯が痛くて、夕方に歯医者の予約が取れたので。」という感じで使います。風邪や発熱よりも、演技の必要がなく、難易度が低いです。また、病気だと自己管理の甘さを指摘する上司もいそうですが、歯の痛みはその点もクリアしています。

2.いつもは着ない、いい服を着る

朝から、「今夜は用事があるオーラ」を全開にさせましょう。いつもと見た目から違っていることで、相手も「あ、今日は早く帰るんだな」と感じ取ることができます。特に結婚記念日や誕生日などのお祝い事の場合なら、相手も咎めにくいものです。

3.親が体調不良で倒れて入院

子どもが病気で早退だと、嫌な顔されるケースはよくあるのですが、親が入院となると、妙に優しくされます。おそらく、儒教的な「親を大切に」という価値観が残っていることや、親の場合は命に関わるイメージがあるからでしょう。翌日に出社した時は、「検査したところ、大したことないみたいで、ホッとしました」と一言伝えておきましょう。

4.親孝行のため

3と同じく、親が理由だと文句を言いにくいカルチャーを活用します。「母が上京しているので親孝行してきます」とか「父の還暦祝いなんです」など、上司はむしろ好意的に感じてくれるかもしれません。ただし、使い過ぎは要注意ですよ!

5.ガスや水道の定期点検

ガス漏れの定期点検や、水道の点検は、実際に数年に一度あります。これも自宅にいないといけないので、致し方ない理由として通りやすいでしょう。

6.習い事

英会話にせよ、パソコンにせよ、習い事は決まった時間に始まります。また、遊びではなくスキルアップのためなので、周りもNOとは言いにくいのです。「英会話に行く日なのでお先に失礼します」と伝えてサラリと帰ってしまいましょう。間違っても、寄り道先で見つからないように注意してくださいね。

7.早く出社する

朝、誰よりも早く出社しましょう。そうすると、あなたが何時に来たのか、誰にも分からないのです。他の人たちは、後から出社した負い目があるために、あなたが先にあがることに文句を言いにくくなります。「早くに来たので、今日はお先に失礼しますね」とさりげなくアピールし、出てしまいましょう。

8.翌日、早く出社する

7の応用で、次の日にリカバリーする方法です。上司には「明日、早く出社しますので、すみませんが今日はあがらせてください」と伝えましょう。ただし、ある程度信用を得ていないと使えませんし、本当に翌日、早く出社しなければいけません。

9.正直に、でも大げさに言う

理由によっては、正直に言っても意外と受け入れてもらえるものです。少し大げさに伝えるのがポイントですよ!「はずせない合コンがあるので」「人生のかかったデートがあります」「今夜帰らないと、子どもに嘘つきって言われてしまうんです」といった具合です。

 

最後に、決めた時間になったら、迷わずにサクっとあがりましょう。もたついていてはいけません。挙動不審で、むしろ怪しまれてしまいます。

 

すべての職場が、ここでご紹介したテクニックを使わなくてもすむ日が来ることを、心から願っています。

※追記※
この記事をお読みになった管理職の方へ。
もし上記のいずれかの理由で早くあがりたい、と部下が申し出てきたときは、なみなみならぬ事情があるに違いないと察して、温かい心で送り出してあげてくださいね。きっと、部下からの信頼が厚くなること間違いありません。