家事ほどオイシイものはない

妻が感じている不満に、夫は気がついているでしょうか?

(という投げかけをしているのは、気がついていない人が多いからです。)

夫への不満ナンバー1、それは「感謝の言葉が少ない」です。

妻の不満第1位は、「感謝の言葉が少ない」(*1)
妻の不満第1位は、「感謝の言葉が少ない」(*1)

 

さて、では夫は、妻の何に感謝すればよいのでしょうか?

それはもちろん、「家事」ですね。

ほとんど・すべてを妻が負担が74.2%!
ほとんど、もしくは全て妻が家事を負担という回答が、74.2%!(*2)

妻の方が、圧倒的に家事をやっています。夫だってもっとやっているかどうか、個別に言い分はあるでしょう。でも、少なくとも妻たちは、「私の方がずっと多く(つまり不平等なほどに)、担っている」「こんなにやっているのに、夫から感謝が伝わってこない」と感じています。

妻に感謝しすぎることはありません。コレを読んだら、すぐに「いつも家事をやってくれてありがとう」と伝えましょう。口頭ででも、メールででも。

さて今回は、これで終わりではありません。

もし、これまでフェアではなかった家事の分担に、夫から積極的に働きかけたら、どうなるでしょうか。つまり、今よりもう少し、夫が家事をやるのです。

するとどうなるか・・・。

妻から夫への評価が、ロケット発射のごとく、一気に高まるチャンスです。

みてください。「夫をイケダン(イケてる旦那)だと思うか?」の調査結果(*3)を。 

夫はイケダン 夫はイケダンではない

家事をやる夫は、イケダングループに。

家事をやらない夫は、イケダンではないグループに入れられています。

稼ぎがいいとか、足が速いとか、頭がいいとか、一言も出てきません。全然関係ないのです。

それよりも、パートナーを支えてくれているか、大切にしてくれているかが、要諦なのです。

家事を少しずつやるようになるだけで、パートナーが喜んでくれて、イケダン認定されて、家庭が居心地よくなるなんて、大もうけだと思いませんか。

 

しかし、これまであまり家事をやったことのない男性にとっては、ハードルが高いかもしれません。

でも考えてみてください。

例えば料理にしても、料理人は男性がほとんどですよ。

食器洗い、小学生のお手伝いの一つです。できないわけがありません。

トイレ掃除に風呂掃除。やり方を聞いて、その通りに実行するだけです。

 

以前行ったインタビューからも、他の国では男性が家事をやるのは当然になってしまって、やったからって大して評価されません。

日本の夫にとって、家事をやることほどメリットの大きい時間の使い方は、おそらく他にないかもしれませんね。

 

 

<出典>

(*1) 結婚10年以上の男女600人対象 日本の夫婦の「いま」を調査 プラチナ・ギルド・インターナショナル株式会社

(*2) 家事と夫婦生活に関する意識調査 東京エレクトロン デバイス株式会社

(*3)夫は「イケダン(イケてる旦那)」かどうか マイナビニュース